カテゴリー「 月 」の記事

2 件

4/23 11時26分頃、牡牛座で新月ですね。

世間は、まだまだ落ち着かないけど、

お月様は、順繰り、満ちては欠け、変わらないサイクルを刻んでいきます。

 

私たちは、太陽と共に活動しているようにも思えますが、

月の引力のほうが、太陽よりずっと大きいんですって!

 

月は、その不思議な力で、

私たちの心身に、様々な影響を与えているんですよね。

月を意識して生活するほうが、心が整って精神が安定するんです。

 

月は「おうち、家族」

太陽は「社会、仕事」

象徴するのは、そんな感じ。

 

太陽を目指して能動的に頑張る。太陽は人生の目的、目標。見上げると眩しくて。。。

月は帰って休む場所。気を抜いて、無防備になる。心身に滋養を与えてくれる。

 

images (2)

 

 

ちょうど今、みんな、おうちで巣ごもり強化中。

いろいろと、あれこれと、

困ったことは本当にたくさんあるんだけど、

太陽を追わなくていい、時間がゆっくりと流れている・・・

 

 

人に会うのも、仕事するのも、外の世界。

外に気を張らなくていい、内側に居られる、インナーライフ。

どこか、矛盾してるんだけど、

不安も当然あるんだけど、

不思議と、安らぎを見出すことが出来た人もいるんじゃないかな。

 

こんなことでもないと、強制執行かからないと、

内側の世界を顧みることって、難しいかもしれない。

意識が外に向かっていると、マインドが支配する。

判断することが増え、意志に鞭打つようになる。

どんな背景であれ、十分な時間と空間が与えられないと、

自分と向き合うことは出来ないもの。

 

 

7299-450x337

 

 

牡牛座は感覚の星座。五感を大切にするサイン。

「心地いい」が大事。豊かさは代名詞。

ゆったりとしたペースに寛ぐことでチューニングされます。

月が牡牛座にあるときは、

ふだんよりグルメになったり、アロマを炊きたくなったり、

音楽鑑賞にふけりたくなったり・・・

美しいもので心身を満たすとき。

 

五感で味わう「快」は、牡牛座のキーワード。
牡牛座の支配星は金星。
牡牛座は美的感覚と
とても密接に繋がっています。
口に美味しいもの、
肌に触りのよいもの、
手に馴染むもの、
目に美しいもの、
耳に心地よいもの、
鼻に香しいもの、
。。。

 

私たちの中の「牡牛座意識」が開花すると、

(私たちは本来すべての星座の質を360°持っているんですよ)

 

【快 / 不快】を基準に、自分自身に影響の良いものを選び取っていく感性が、

豊かに育っていきます。

 

 

41824665_1405495876247396_4597239702653763584_n

 

images (1)

 

 

 

そして「触れる」ことで、とても安心したり。

今は家族以外との密を避けたいですから、セルフでトリートメントもいいですね。

もちろんパートナーさんと癒し愛こでも。

 

 

マッサージ5

 

 

牡牛座感覚って、「巣ごもり」「STAY HOME」には、馴染みよいテーマだと思うので、

そんなふうにリラックスして、心身をクリアリング。

新月はリセット、浄化、リスタート。

新しい月のサイクルと共に、新鮮な意識でスタートできるといいな。

 

 

 

 

2020.4.23newmoon

 

 

新月は10ハウス、重なる太陽と月のお隣には天王星。

 

牡牛座って「お金、価値観、所有すること」にも関連する。

10ハウスは社会的構造の体験の場だし、

天王星は古い体制や既存の枠組みを破壊し、新しい普遍性をもたらす革命の星、

そこに太陽、月が合となって、

天王星が用意した地球レベルの新しい価値観の関所に、

社会レベル、個人レベルでも踏み込んでいく感じがする。

 

牡牛座だから、経済的なテーマが絡んでくると思うんですけど、

天王星の構造改革は進行中、土星も90度で慎重に、もう少し時間はかかるけど、

お金に対する認識や、モノの価値っていよいよ本格的に変わっていくんですね。

 

牡牛座で新月が起きるのは、一年に一度。

新月はリセット&リスタートで、月間の目標を意図するタイミングでもあるけど、

この新月の成果が本当の意味で完結するのは、約半年後の10/31牡牛座満月のときかな。

 

興味あってチャートを出してみたら、太陽と向かい合う月は、

同じく10ハウスにて、天王星とぴったり8度で重なって、

木星、土星、冥王星も6ハウスで、この新月と同じ。

なんかワクワク。。。

 

2020.10.31fullmoon

 

 

この頃には、個人は、社会は、地球は、どうなっているんだろう。

普通なら10年先に想いを馳せるセリフが、今なら半年先がまさに、そう・・・。

 

でも、良いも悪いも越えて、本当にグレートな経験。

物事を白黒で観るのではなく、判断することに疲弊するのではなく、

個人個人が自他を尊重し、自分のカラーで生きることを選択できる、

「自由と責任」の時代が、もうそこに?

 

 

20110819142648c20

正直一ヶ月前には、今ほどの状況は想像出来ていなかったです。

ものすごい速さで局面が変わっていく。

恐れや不安もある。・・・でも、新しい時代に期待とワクワクもある。

 

なぜか、大きく揺れて傾いても、絶妙にバランスされて、

方位磁石の針先が必ずSN極を指すように、

平和の思考の極に方向が定まっている感覚あります。

 

 

92613946_1916991835097795_3538019923290750976_n

 

 

4/8は天秤座の満月。

「緊急事態宣言」はあえてこの日に効力発揮、、だったのかな。(お釈迦様の誕生日だし)

 

この満月は今年最大のスーパームーン。

そして4月の満月だからピンクムーン。

 

ざわざわした地上の出来事をよそに、ブレずに咲き誇る桜の花を容易にイメージできそう。

 

 

56468329_1558527720944210_7360943315295928320_n

 

 

満月時の8日11:35頃、

月が在るのは4ハウス。真向いの太陽は10ハウス。

 

アセンダントは蟹座。支配星である月が4ハウスにあることは、

すごく意味がある。月の意味を強調する。

 

4ハウスはお家、家族、安全で安心できる場所、心の大地。
10ハウスは仕事、地位、組織、権力、社会的構造全般。
今の~たいせつ~ 「おうちにいよう」を絵に描いたような。。。

 

社会が揺れているときだからこそ、自分がホッと出来る安全な場所にいったん退去して、

そこで滋養をつけて、勇気をもらって、

また社会へ働きかけていく。

 

 

2020.4.8fullmoon

 

 

天秤座のテーマは「バランスすること」。

起きていることにも、すべての世界に「裏と表」が存在する。

 

一方にあるエネルギーから、均衡を保つために背後で働いているパワーを意識する。

人それぞれ違う立場にいて、どうすることが正しくて何が正解なのかを問えないなか、

それでも宙からのメッセージとして純粋に受け取りたい。

 

 

 

満月は、満ちた月<心>。感謝、解放、手放しのエネルギー。

無い、足りない、欠けている、求めるエネルギーから、

在る、満たされている、感謝、分かち合うエネルギーへと、

意識をシフトしましょうよ。

 

 

地球がアセンションしたがっているって本当だった。

アフターコロナは、誰も見たことのない新しい世の中に変わっていくのかも。

そう思うと、今の恐れから未来の希望へと橋がかかる。

 

93015584_1916937901769855_5823729564634841088_n

 

 

兼業セラピストの私ですが、

私だって、

ライスワーク(現実社会のお仕事)が先月から無期限のクローズになって、

ライフワーク(生きがいのお仕事)も営業自粛に切り替えて、

正直お金の不安、、、あった。目に見えないコロナの影響、、、怖かった。

だけど、不思議と、穏やかなんです・・・

世界平和をうたう前に、まずは内なる平和を意識する。

信頼と共にあることで、そんな実感を得ることが出来ています。

 

 

91914035_1916937881769857_4642420220282011648_n

 

 

~ピンク~は「恐れに対する解毒剤」。

ピンクムーンといっても、

本当に月がピンクに見えるわけではないのだけど・・・

でもね、集合意識が月をピンクに染めることができるかも。

 

ピンクは「愛」。愛は「バランス」。

 

今起きている状況に潜在しているギフトを、

月の灯りが照らしてくれると思う。

 

太陽だと明るすぎて見えなかった大切なもの。

月は私たちの内面に優しく光を投げかけてくれる。

o0750049014201976332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP